FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は自分の制作記事ではないのですが、
同じサイを作ってらっしゃる『とらいぶ!』のびぃさんの制作記を紹介。

ガレキ!(一)
ガレキ!(二)
ガレキ!(三)
ガレキ!(四)
ガレキ!(五)
ガレキ!(六)

それぞれ記事単位のリンクですが、
まとめて読みたい方は↓下記のカテゴリリンクからどうぞ。
http://betribe.blog117.fc2.com/blog-category-12.html

とらいぶ!をご存知の方には言わずもがなですが、
記事内の文章が非常に面白いです。

制作中の気付きや発想、応用力も流石の一言。

加えて、すんなりスムーズに進んでいるわけではない事が
却って制作の参考や、後押しになるのではないかと思い
びぃさんご本人に許可を頂いて、紹介させて頂きました。

なにより楽しんで作ってらっしゃるのが分かって、
読んでいるこちらも楽しくなりますね。

最後になりましたが、びぃさん、
記事紹介のご快諾、ありがとうございました!
続く制作記事も楽しみにしております^^
 
スポンサーサイト
毎度ご無沙汰しております。
今回、パーツのつなぎ目を消したいんだけどどうすれば?
という質問を頂いたこともあって、重たい腰を上げてみました。

というわけで、ちょっと飛ばし気味ではありますが、
今回はパーツのつなぎ目処理のお話です。

※前回(『サイをつくりますよぉ 2』)の記事冒頭で
[サメの方はこのブログで解説しながら組むので
 ~
 といっても、サイでも簡単な説明はしていくつもりですので]


・・・ウソでした。
気が付いたらサイでもガチガチに説明しちゃってます。
人に文字と写真で簡単に伝える手段ってないなあと再認識。

今回も、文字数も画像もそれなりに多いです・・・^^;


さて、前回(『サイをつくりますよぉ 2』)までの記事内容は

・各パーツのパーティングラインを240番の紙やすりなどでざっと削る
・サーフェイサー(缶スプレー)を吹き付ける
・その後の作業手順について
  ・細かな傷埋め
  ・パーツの接合面の処理

ということでした

前述しましたが 今回はパーツの接合面の処理についてです

では実際に左腕を使って
接着および 接合部分を消す作業をおこなっていきます
sai_21.jpg
作業内容が分かり易いように画像をまとめてみました
左から順に右に向かって進行しています

1:
前回までの状態です

2:
画像を見て貰えれば早いと思いますが
接着するパーツのフチをぐるっと斜めに削っています
(白くなっている部分です)

カッターナイフを立てて引いたりセラブレードなどを使って
フチの角を落とすようにすると早いです
角度などは適当で良いですが45度を目安にすると良いでしょう

結果 接合部分の隙間が広がって見えますが
後ほどパテで埋めてしまうので構いません

3:
接合面と周辺を簡単に紙やすりで削って
サーフェイサーを落としておきます
240番や320番など、目が粗くても構いません
ざっとやすりを当てる感覚で大丈夫です

ここまでの工程は、パーツ同士をより強固に接着する為の下準備です
 
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。