FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。
ちょっと気分転換にサイ君を触ったもんで、
あわせて更新しておこうかな、と。

なもんで、今回はいつもに比べて短めの内容になります。

・・・なるはずですけど。

なるはずだったんですが。


今回は頭部を使って説明していきます

内容は スジボリとサーフェイサーの効果について


まずスジボリとは何か?
簡単に説明すれば

 パーツの表面に線=スジ
   を
 極小の幅の工具などで彫る=ホリ(ボリ)

で スジボリ です
筋彫り ですね 表記はまちまちです

そのための専用工具も多種多様にありますが 後述します


何のためにスジボリをするのか?

隣り合ったパーツの境目=境界線 を
表現する もしくは はっきりくっきりさせる 事が目的
 なのですが

ガンプラを初めとしたロボットのプラモデルなどでは
実物が存在するとすれば そこにあるはずの 装甲材の接合部分 ですし

いまPCなどで見ている方でしたら
 キーボードのキーの間の隙間 と思ってもらって構いません

ちょっと乱暴な気がしますが 大きくは間違っていないと思うので
なんとなくそういうことですか はいはい と流して下さい


ではサイについての はっきりさせるパーツの境界線 とはなんなのか?

具体的に示してみると
sai_37.jpg sai_38.jpg
右の写真は左の写真にポイントを書き込んだものですね
この右の写真の青い矢印の先にある部分です

※一応 お断りしておきますが これは
『キットを見てボクがここにスジボリを行ったほうが良いかなと判断した』
ことであり 原型製作者のガドランさんはもちろん
同じキットを持っている他の方々がどう判断するかは別問題です
 (ここはパーツ毎に色を変えたいな、と思ってまして
  その際にマスキングして塗装するのに有効なんですよね、スジボリしておくのが。)

言葉で簡単に説明しておくと
・肌と装飾具の境界部分
・装飾具の各部位(色を変えたい部分)の境界線
ですね

工具は

これを使っています

詳細は
スジボリ堂・BMCタガネ
http://sujibori-do.ocnk.net/product-list/1

でご確認を

はっきり言って こんな高精度で高い専用工具を使う必要はないです
そもそもスジボリを無理にする必要も無いわけですが
あくまでも作例 制作の一例 ですので そういうものかとご理解頂ければ

比較的 手ごろで使える商品もいくつかありますが

基本はこのあたりでしょうか

良し悪しありますが
ボクもこれは未だに現役で使っています

なんでもそうですが最終的には 慣れ なんですよね・・・

今みたいに専用工具がない頃はそれこそ画鋲や縫い針を使ってみたり・・・


それで ここまで紹介しておいてなんですが
使用法については割愛します

必ずしもする必要の無い プラスアルファの工作 なので
挑戦してみようと思う方はググって下さい

『先端の鋭利なもので パーツに筋を彫る』 ことなので想像付くとは思うんですが

とにかく(断ち切り展開)
sai_38.jpg
青の矢印の示す部分にスジボリをしました


ここまでで今日の話の半分ですね。
・・・おかしいなあ(´・ω・`)

続きます↓


 
... 続きを読む
スポンサーサイト
今回は自分の制作記事ではないのですが、
同じサイを作ってらっしゃる『とらいぶ!』のびぃさんの制作記を紹介。

ガレキ!(一)
ガレキ!(二)
ガレキ!(三)
ガレキ!(四)
ガレキ!(五)
ガレキ!(六)

それぞれ記事単位のリンクですが、
まとめて読みたい方は↓下記のカテゴリリンクからどうぞ。
http://betribe.blog117.fc2.com/blog-category-12.html

とらいぶ!をご存知の方には言わずもがなですが、
記事内の文章が非常に面白いです。

制作中の気付きや発想、応用力も流石の一言。

加えて、すんなりスムーズに進んでいるわけではない事が
却って制作の参考や、後押しになるのではないかと思い
びぃさんご本人に許可を頂いて、紹介させて頂きました。

なにより楽しんで作ってらっしゃるのが分かって、
読んでいるこちらも楽しくなりますね。

最後になりましたが、びぃさん、
記事紹介のご快諾、ありがとうございました!
続く制作記事も楽しみにしております^^
 
毎度ご無沙汰しております。
今回、パーツのつなぎ目を消したいんだけどどうすれば?
という質問を頂いたこともあって、重たい腰を上げてみました。

というわけで、ちょっと飛ばし気味ではありますが、
今回はパーツのつなぎ目処理のお話です。

※前回(『サイをつくりますよぉ 2』)の記事冒頭で
[サメの方はこのブログで解説しながら組むので
 ~
 といっても、サイでも簡単な説明はしていくつもりですので]


・・・ウソでした。
気が付いたらサイでもガチガチに説明しちゃってます。
人に文字と写真で簡単に伝える手段ってないなあと再認識。

今回も、文字数も画像もそれなりに多いです・・・^^;


さて、前回(『サイをつくりますよぉ 2』)までの記事内容は

・各パーツのパーティングラインを240番の紙やすりなどでざっと削る
・サーフェイサー(缶スプレー)を吹き付ける
・その後の作業手順について
  ・細かな傷埋め
  ・パーツの接合面の処理

ということでした

前述しましたが 今回はパーツの接合面の処理についてです

では実際に左腕を使って
接着および 接合部分を消す作業をおこなっていきます
sai_21.jpg
作業内容が分かり易いように画像をまとめてみました
左から順に右に向かって進行しています

1:
前回までの状態です

2:
画像を見て貰えれば早いと思いますが
接着するパーツのフチをぐるっと斜めに削っています
(白くなっている部分です)

カッターナイフを立てて引いたりセラブレードなどを使って
フチの角を落とすようにすると早いです
角度などは適当で良いですが45度を目安にすると良いでしょう

結果 接合部分の隙間が広がって見えますが
後ほどパテで埋めてしまうので構いません

3:
接合面と周辺を簡単に紙やすりで削って
サーフェイサーを落としておきます
240番や320番など、目が粗くても構いません
ざっとやすりを当てる感覚で大丈夫です

ここまでの工程は、パーツ同士をより強固に接着する為の下準備です
 
... 続きを読む
かなり久しぶりの更新ですみません。
ここはこんな感じの更新具合だと思っていただければ。

※ついさっき、半分近く書いた内容が完全消失してまして。
 へし折れた心を瞬間接着剤と金属線で継いでの再入力ですw

さて、今回はサメではなくサイの方です。

サメの方はこのブログで解説しながら組むので
ただ単に組むのに比べて5倍(当社費)ほど時間と手間がかかるんです。

そんなわけで、サメの方はもう少し時間に余裕がある時まで
お待ちいただくとして、その間にサイの方を作ってしまおうかと。

といっても、サイでも簡単な説明はしていくつもりですので
お暇なときにでもお付き合い頂ければ、と思います。


サイですが前回は仮組みをしたところまで載せていました
(『サイを作りますよぉ 1』)

この状態から

・いちど各パーツごとに分解
・パーティングラインを
 (↑簡単な説明はサメ2の最後で説明していますね)
 240番の紙やすりなどでざっと削る
・サーフェイサー(缶スプレー)を吹き付ける
・撮影用に再度組み立て

という工程を経たものが
sai_13.jpg
こちらです

グレーはサーフェイサーの色ですが
アイボリーの成型色からグレーになっただけで
それっぽくなった気がしますね

キットをお持ちの方向け
手元のパーツと見比べて貰えると一目瞭然ですが
sai_18.jpg sai_19.jpg
sai_20.jpg
こんな感じになってます
 
... 続きを読む
さっそく前回の続きから
・・・の前に
前回はパーツの不要部分を取り除きました
same_13.jpg
こういう状態でしたね

これでようやくパーツを合わせる事ができます
では改めて続きを・・・

same_14.jpg same_15.jpg
このキットはパーツの接合面に「角ダボ」が作られているので
パーツを合わせる角度などには特に問題はないと思います

※角ダボ・・・接合面にある凹凸の凸側の俗称?
 本来の意味は・・・「ダボ」でググって下さい^^;

昨今の、例えばガンプラのように
きっちりはめ込んで固定されるわけではなく
あくまでもパーツ同士を合わせてみるだけです

右の画像のようにピッタリと合うようなら問題ありません
それだけ原型もシリコン型も複製品も
丁寧に作られているということですね

とは言っても全ての接合面が完璧な事は
そうそうないわけで・・・
same_16.jpg
頭がちょっと浮くようですね

same_17.jpg
見てみると受け側に問題があるようです(赤丸で囲った部分)
 
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。